術後8年経ちました❣️ ①


おはようございます💗オトナのときめきをかなえる占い師の愛川千景です、



ワタクシは、何人かお客様にはお話しをしたことがありますが、子宮体ガンを経験しています。


そして、ガンを患ったことで、算命学と出会い、なにか見えない力に導かれるように、占い師になりました❣️

その体験を、数回にわたって書きますね😊


8年前の10月28日に子宮体ガンの手術をして子宮と卵巣を摘出しました。


 

その時の春先から 異変を感じていたのですが、

婦人科を受診すること(=内診)をすることにためらいがありました。


ようやく5月の連休明けに、重い腰を上げました。


向かった先は、娘を出産した三鷹市の個人医院。


久しぶりにお会いした先生は、以前と変わらず、穏やなお話しぶりで安心いたしました。


お話しを伺っている間、

先生の手の甲にシミを見つけ、最後に先生にお会いしてから30年近い年月が流れたことに気がつきました。


(へんなことを覚えているものですね)


その後、その医院に数回通い

「子宮体癌」らしいとわかったのが、8月17日でした。



それから

  ⇩

産婦人科が評判の良い総合病院

  ⇩

有名大学病院


を紹介していただきました。



紹介された総合病院を受診したのは、8月30日。


一人で行く勇気がなく、

姉に付き添ってもらいました。


病院に向かう電車の中で、

「逃げ出したい❣」

と思ったのことを、はっきりと覚えています。


生まれて初めて持った感情でした。



それから


ガンの告知


を受けたのは、9月7日。


その日は、気分は落ち着いていましたが、

夫についていってもらいました。


はっきりと覚えていないのですが、

「家族に同行してもらうように」と病院から言われたのだったかしら?


有能で誉高い女医さんから、

「子宮体癌の場合は、大学病院を紹介することにしています。」

と言われました。


その時、思ったことは、


「えっ!また紹介!‥ガンがどんどん進行したらどうしよ~⁉」



そして

大学病院を受診したのが、9月14日❣


病院の受付が始まる前の朝8時ころに行きました。


今は、システムが違うのですが、

その時は時間枠での予約がなかったので、とにかく朝一番乗りしました。



初めて足を踏み入れる“白い巨塔”に、おっかなびっくり。


受診手続きを終えて、ようやく婦人科のフロアに行ったら


待合室に患者さんがずら~~っと並んでいることに、びっくり仰天しました!


(ワタクシもそうでしたが)権威ある有名な教授への紹介状を持った患者さんが、各地から集まっていました。


教授先生の診察室のドアには、

「今日の受診者数80人」と書いてあったと思います😲



その日は、午前中の授業がない娘に付き添ってもらいました。

だけど、娘が待合室でずっ~と居眠りをしていたのです。


母親がガンなのに!!!


ずっと居眠りを続ける娘に、ワタクシはひどくガッカリしました。


だから、その日の思い出の半分は

悲壮なものではなくて、

娘への不満…💦💦


それと、

子宮体がんの精密検査の痛み❣❣

です。


あの痛みは、ハンパないです。


子宮の中の細胞をいくつかをピンセットでつまみ取る!ということをイメージしてください。


ワタクシには、お産よりずっとずっと痛かったです😖



ワタクシの中で、恐怖と悲壮感といったマイナスのイメージのある思い出は、そこまでです。


それから先は?・・・



長くなったので、この続きは、明日にしますね😊


オトナのときめきをかなえる、ヒミツの恋占い。

0コメント

  • 1000 / 1000