術後8年経ちました❣️ ②


おはようございます😊オトナのときめきをかなえる占い師の愛川千景です。



ワタクシは、

「痩せてますね~」

と言われることが多いです。


それはガンを患った時に、食事療法で瘦せたからです。



ワタクシは、2011年10月28日に子宮体ガンの手術をして子宮と卵巣を摘出しました。



ガンの告知を受けたのは、9月7日です。


告知から手術までの50日間は、とても長く感じました。


「その間、ガンが進行したらどうしよ~⁉」



そこで、実行したのが“玄米菜食”


自然療法研究家の東条百合子先生のご著書を読み、

今までの生活や食事を見直しました。


当時のワタクシは、身長165㎝、体重54㎏。

身長があるから、まぁまぁスラっとしていました。


だけど、食生活がひどかった❣


お食事はフツ―なのですが、あきらかにお菓子の食べ過ぎ😓


大の甘党で、いただき物があると、

大福やどら焼きを1度に3個食べるような生活をしていました。


そして、早食い。

食べることだけではなく、いつも何かに急かされるように、せかせかしていました。



そんな生活を改め、


食べ物は、

30回以上噛み(これが難しい~)

主食は、

白米・白いパンを、玄米や全粒粉に変える。

おかずは、

お野菜をたっぷり。

白砂糖は摂らない。


という食生活を続けたら、

3週間後には、体重が50㎏になっていました。


その段階で、それまで履いていたボトムスはぶかぶかになりました。


体調は、悪くなかったです。

心身共に落ち着いて、生活はスロー。

「人生で1番穏やかな時間が流れている」と実感した日々でした。


それから手術までの4週間で、さらに4キロ減りました。


入院当日の計測では、身長165㎝体重46㎏でした。


7週間であれよあれよという間に、7キロも減った体重。


ワタクシのそれまでの食生活は一体何だったのでしょう❓



入院は3週間しましたが、

ドクターもナースも親切丁寧

お食事も美味しく

「人生の休養」のように思えた時間でした。


大変だったのは、退院直後のお食事作り。

傷の痛みをこらえつつ‥

大根おろすのも一苦労。

力がなくなり、ゆで汁の入ったお鍋や中華鍋が持てない。



ここで、恥ずかしい話をいたしますと・・・


退院して1ヶ月位は、食事量は少しなのに、

毎日ビックリするくらい大量の便が出ました😲😲


きっと”体の大掃除”ができたのです。



退院して2週間後病理検査の結果がわかり、

ガンのステージはⅠaという最も初期段階のものでした \(^o^)/


・・・


ワタクシは生まれ変わりました❣❣


ただ、新たな悩みが生まれました。

急に痩せたために、

体中の筋肉がどこへいってしまたのか❓


胸は、ホントにぺっしゃんこ。

お尻は、80代の母親と同じくらい、垂れて何重にもドレープが寄りました。



「オンナは終わった😖」

と本気で思いました。



・・・だけど、

いくつになっても自然治癒力は、備わっているのですね。


胸とお尻は、2年かけて元に戻りました。


ストイックな食生活からは次第に遠のいたにもにもかかわらず、

体重は、術後3年間は46キロのまま。


その後、1年に1キロづつ増えて、50キロになりました。


そして

先日、無事術後8年がたったはずなのですが‥。



続きは、明日書きますね😊




ご興味のある方ご登録をお願いいたします😊

 ⇩   

オトナのときめきをかなえる、ヒミツの恋占い。

0コメント

  • 1000 / 1000